無料ブログはココログ

« 大日本回教協会 『世界回教徒対策の必要性に就いて』 | トップページ | 国際語学社 田村茂社長の急逝を悼む »

2009年6月26日 (金)

トカイ詩集

 Tuqay_2

ガブゥッラー・トカイ(Gabdulla Tuqay, 1886-1913)という夭折のタタール人詩人がいる。トカイの心の叫びを記した詩は,現在のロシア連邦のタタールスタン共和国のタタール人たちが愛読している。

トカイの詩は,ロシア革命で満洲など極東に亡命したトルコ系タタール人が愛読したタタール語の書籍の一つであった。故郷を想う亡命者たちは,亡命の地で育つ子供たちに読ませるため,トカイの詩を満洲の奉天(現・瀋陽)で日本人が経営している出版社で印刷されている。海外にあった日本人の印刷所とタタール語の詩集の印刷の組み合わせは興味深い。旧満洲では,日本人も異国人であるから,当時としては普通のことであったのであろう。

Tokay01

旧満洲で出版された,トカイの詩集が神田の古本屋の店頭に並んでいた。これも戦後トルコなどに移住していったタタール人家族が残していった本であろうか。こういった書籍は国会図書館にも大学図書館にも収蔵されていない。在日の異国人の書籍は図書館の収集からすっぽり抜けている。夫人がタタール人であり,タタールの言語や文化に関心のあった故服部四郎教授(言語学者,文化勲章受章者)が収集した,奉天など極東で出版されたタタール語Tokay02新聞などが《服部四郎文庫》として,島根県立大学に残されているぐらいである。

« 大日本回教協会 『世界回教徒対策の必要性に就いて』 | トップページ | 国際語学社 田村茂社長の急逝を悼む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539096/45455266

この記事へのトラックバック一覧です: トカイ詩集:

« 大日本回教協会 『世界回教徒対策の必要性に就いて』 | トップページ | 国際語学社 田村茂社長の急逝を悼む »