無料ブログはココログ

« 中央アジアは日本ではなく,中国に向いていく | トップページ | Radio Free Asiaのウイグル報道 »

2009年7月 7日 (火)

新疆ウルムチでの衝突の犠牲者を悼む

新疆ウイグル自治区のウルムチでの大規模な衝突により,約140名以上のウイグル人が死亡したようだ。ウルムチは漢族の都市となっていて,ウイグル人はウルムチの人口の1割程度と言われている。ウルムチでは,ウイグル人が目立つ地区は限られている。ウイグル人が暴動を起こし,警官隊と衝突したのには,その背後にウイグル人たちに蓄積してきた不満が沸点に達して爆発した。

新疆ウイグル自治区は,ウイグルの名前が冠してあるが,農村部を除く,都市部は漢族が多数を占める自治区となっている。ウイグル人には就職,就学など多くの差別を日頃から感じていることは間違いない。ウイグル人は漢語(中国語)習得を強制されつつあるが,漢語を習得しても,それほどチャンスが現実にはないことにも不満がある。漢族のウイグル人への蔑視を屈辱と感じてきている。特に,ウイグル人の若者たちの不満は大きい。不満が自然に爆発してのであって,外国の扇動などはない。北京政府の公式表明では,新疆で衝突や暴動が発生すると,外国からの扇動と常の言われている。インターネットをサイバー警察で常時監視しているのだから,外国の扇動などないことは当局自身がよく知っている。

中国では,近年至る所で農民暴動,衝突が起きているが,多数の死者がでることはない。少数民族の暴動や衝突に対する,当局の容赦ない鎮圧の背後には,少数民族と漢族との対応に明らかに違うスタンダードが存在している。だから,このようにウイグル人には多数の死者が出るのであろう。正確な情報は当局からは発表されないのが常であるから,ウイグル人の死者はもっとおおいかもしれない。

中央アジアからの石油ガス・パイプラインが新疆を通過するようになり,当局は新疆の守りを固めることは間違いない。ますまつ強圧的となるであろう。今後も,漢族の中華思想的な少数民族蔑視がなくならない限り,残念ながらこのような衝突が発生する可能性は大きい。

« 中央アジアは日本ではなく,中国に向いていく | トップページ | Radio Free Asiaのウイグル報道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

グルジャやカシュガルではなく、ウルムチのようなウイグル人が少ない(かつ、漢化したウイグル人の割合は高い)都会でこのような暴動が起きたのは、実に不自然に思えます。胡錦濤の留守中というのもタイミングが良すぎますし。

何年か前の反日デモと同じで、江沢民派が胡錦濤を追い落とすために裏で画策しているといったことはないのでしょうか?

この事件直前に習近平がウルムチを視察しています。海外在住ウイグル人が扇動という中国政府の発表は信じがたいですね。中国のインターネットで検閲が厳しいですから,海外から発信が頻繁に行われると監視しています。

長年,ウイグル人の不満が蓄積していることは間違いないでしょう。中国に日本は歴史認識で批判され続けていますが,中国は歴史認識ではなく,歴史を学んだほうがいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539096/45562569

この記事へのトラックバック一覧です: 新疆ウルムチでの衝突の犠牲者を悼む:

« 中央アジアは日本ではなく,中国に向いていく | トップページ | Radio Free Asiaのウイグル報道 »