無料ブログはココログ

« キルギス共和国の南北問題 | トップページ | ボスポラス海峡に3番目の橋 »

2010年5月 2日 (日)

キルギス騒擾事件と失業者の不満

Enjyoushita_goin_2010

この写真は、キルギスに滞在する知人がビシュケクで撮影した写真で、知人の許可を得て掲載します。掲載許可を与えてくれた知人Fさんに感謝します。

この写真は、ビシュケクの中国系スーパーがキルギス人の放火によって炎上した様子です。キルギスでは、職のないキルギス人たちの中で不満が鬱積している。外国人資本(中華系やトルコ系)をターゲットにした焼き討ち事件が起きた。キルギス大統領交代劇は、民主化を求める運動というよりも、失業や格差の不満が爆発した事件であったようだ。

豊かに見える外国人に対して、キルギス人たちが不満を爆発させた。2005年にも起きているが、今回も同じことが起きた。失業者に仕事が与えられないと、鬱積した不満はこのような焼き討ちや略奪を発生させる。

ビシュケクでの不満の鬱積が暴動となるのに比べると、失業率5%となった日本は何ともおとなしい国である。

« キルギス共和国の南北問題 | トップページ | ボスポラス海峡に3番目の橋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539096/48245681

この記事へのトラックバック一覧です: キルギス騒擾事件と失業者の不満:

« キルギス共和国の南北問題 | トップページ | ボスポラス海峡に3番目の橋 »