無料ブログはココログ

« トルコ人青年の死を悼む | トップページ | 新疆ウイグル自治区衝突事件、1周年 »

2010年7月 5日 (月)

ダヴトオール・トルコ外相、イスラエルへ警告

5月、イスラエル特殊部隊がガザ支援船を襲撃し、トルコ人9名が死亡した事件は、トルコ人の対イスラエル感情を悪化させたが、イスラエルが全く謝罪しないことにトルコ外相が警告を発している。トルコ外相の強気は、トルコ世論の支持が背景にある

従来、トルコはイスラエルと表面的に良好な関係を維持してきたが、イスラエルによる襲撃事件とイスラエルが謝罪しないことに、トルコ人たちは激高している。トルコ外相の強気な態度を、中東イスラム諸国は歓迎している。中東諸国はトルコが対イスラエル関係で強硬であることから、トルコに親近感を感じつつある。アラブ人は力が強いことに好意を持っている。

トルコもこの機会を利用して外交を東方外交重視に切り替えようとしている。トルコはイスラム諸国のリーダーになりつつある。トルコがEU加盟を目指すより、イスラムの盟主を目指すことがトルコにとって、より大きなメリットがあると感じるようになっている。21世紀のトルコ外交は、日本人が理解している以上にダイナミズムを持つようになるであろう。

« トルコ人青年の死を悼む | トップページ | 新疆ウイグル自治区衝突事件、1周年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539096/48807386

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴトオール・トルコ外相、イスラエルへ警告:

« トルコ人青年の死を悼む | トップページ | 新疆ウイグル自治区衝突事件、1周年 »