無料ブログはココログ

« 米国国務省年次報告書『宗教の自由』 | トップページ | 日本政府、トルコに柔道指導の警察職員派遣へ(報道) »

2010年11月28日 (日)

THE CRESCENT and THE SUN, Three Japanese in Istanbul

Hilal

HİLAL ve GÜNEŞ İstanbul'da Üç Japon

THE CRESCENT and THE SUN Three Japanese in İstanbul

Yamada Torajiro, İto Chuta, Otani Kozui

İstanbul Araştırma Enstitütü, October 2010.

今年2010年は「トルコにおける日本年」である。トルコではさまざまな展覧会や催し物などが行われた。展示会や行事はその時は人々の記憶に残るであろうが、時間が経過すれば忘れられていくであろう。そのような人々の記憶の一過性とは異なり、日本・トルコの交流に関する、多くの写真を含む398頁の大部の書籍が出版された。トルコと関わった、山田寅二郎、伊東忠太、大谷光瑞の3人の事績が取り上げられている。山田については日本・トルコ交流史で取り上げられることが多いが、この本の出色は、建築家の伊東と元西本願寺法主大谷光瑞について多くのページが割かれていることである。大谷光瑞が門下生をブルサに派遣し、日土紡績工場を合弁で経営していたことも書かれている。トルコ語が分からない人にも読めるように、英語も書かれている、トルコ語・英語の併記となっている。

日本・トルコの交流の歴史を知るのに役立つ書籍である。従来、この分野は日本人研究者が注目してきた分野であった。近年、トルコにおいて日本語をよく理解する若手研究者が増えつつある。トルコ側で日本で知られていない史料を発掘している。トルコの日本研究者の活躍により、日本・トルコの交流史の研究がより一層深まりつつある。

この書籍は、日本・トルコの交流史を知るのに役立つ良書である。

« 米国国務省年次報告書『宗教の自由』 | トップページ | 日本政府、トルコに柔道指導の警察職員派遣へ(報道) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。