無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2014年9月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

5月28日、アゼルバイジャン共和国独立記念日

Azjpn

5月28日は、アゼルバイジャン共和国の独立記念日。

1991年のソ連解体により、アゼルバイジャン共和国が独立した。ソ連解体の過程でアゼルバイジャンは、1989年10月5日、共和国主権宣言。1991年2月5日、「アゼルバイジャン共和国」に国名変更。1991年8月30日、共和国独立宣言。この過程では、5月28日は出てこない。

1918年5月28日、ロシア革命後にガンジャにおいて、「アゼルバイジャン民主共和国」として独立宣言をおこなった。この共和国は赤軍のバクー進駐により崩壊するまでの23か月間の短命な共和国であった。当時のイスラム世界における独立国の政体は、王国など君主制であった。アゼルバイジャン民主共和国は、イスラム世界最初の共和国であった。イスラム教徒が主体となって樹立した共和国であったが、世俗化、信教の自由を定めた世俗憲法を持ち、複数政党制による議会政治を行っていた。現在から見ても先進的ではあったが、赤軍進駐により独立を維持することができなかった。

現在のアゼルバイジャン共和国は、アゼルバイジャンでの最初の独立を独立記念日としている。民主共和国では民族政党ミュサヴァト党が政権運営をおこなっていた。ミュサヴァト党は、アゼルバイジャン共和国ではイーサ・ガンベル党首率いる野党。他方、イルハン・アリエフ大統領は故ゲイダル・アリエフ大統領(元ソ連共産党政治局員)の長男。現政権はソ連共産党幹部の息子がなっている。5月28日を独立記念日として祝っているが、アゼルバイジャンではその歴史をあまり触れいない理由は、ミュサヴァト党が野党であるからこともあるのであろう。

2012年5月27日 (日)

鈴木住子『チャードルの女』

_edited1

鈴木住子著『チャードルの女』(日本週報社 昭和34年9月初版、10月2版)

昔から、この本については知っていたが、最近古本で入手した。前嶋信次先生が紹介を書くなど意外に話題となった本である。ウイグル人によってウイグル語に翻訳されている。読んでみると面白かったので一日で通読してしまった。

著者は、本人は自覚していたと思うが、日本の対回教徒工作に身を挺してウイグル人を結婚し三人の子供をなした。戦時中は南京、上海、北京にウイグル人などのイスラム教徒コミュニティーにくらしていた。日本の敗戦後、夫に従い子供を連れて大陸奥地まで入っている。

東トルキスタン共和国のことも書かれており、歴史史料としては裏付けはないが、読み物として面白い。彼女は夫とも離婚し、子供とくらすこととなった。日本のスパイとして国民党に逮捕され、子供たちと生き別れとなる。国民党と共産党に敵対したとして獄中に7年間つながれた。共産党の獄中では、思想改造のため日々告白させられている。後に釈放されて帰国している。大陸での15年間は波瀾万丈である。このような生々しい経験をした日本人女性は希有であろう。

大陸で多くの辛酸を経験しているのか、性的なことも含めて結構赤裸々に書いている。大陸に渡る年齢が20代前でイスラムや歴史に関する知識がなかったせいか、タタール人イマーム(導師)をタタール王とするなど事実誤認も散見された。

初版が出版されて1ヶ月で重版されていることから、昭和34年当時結構読まれていたのかもしれない。いまでは新疆や戦前期の対回教政策に関心がある人だけが読むような、忘れられた書籍となっている。

« 2011年3月 | トップページ | 2014年9月 »